読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げーと・おぶ・ほかろん

GallのFGOブログです。英雄王とぐだ男の世界を救う大冒険

メルト溶けてしまいそう(財産が)

皆さまこんにちは。Gallです。

 

CCCコラボガチャ、皆さんの戦績は如何でしょうか。

私は散々です。 本当に、散々です。

 

さて、今回はそんなCCCガチャからメルトリリスについて。

「書いたら出る」を信じて一筆書いてみました。

 

 

*****

f:id:Gall:20170510020611j:plain

真名:メルトリリス

クラス:アルターエゴ

レアリティ:☆5

 

***

2017年5月、Fate/EXTRA CCCコラボにて登場した、

新クラス「アルターエゴ」の☆5キャラ。

 

 

アルターエゴについて、原作設定的な解説はこちらをご覧ください

dic.pixiv.net

 

 

FGO的な特徴としては、

【攻撃面】

 <相性面>

・ライダー、アサシン、キャスターに対して

 与えるダメージ1.5倍

・セイバー、アーチャー、ランサーに対して

 与えるダメージ0.5倍

バーサーカーに対して

 与えるダメージ2.0倍(他と同じ)

ECTRA CCCイベント ラスボスに対して

 与えるダメージ1.2倍(恐らく今回のみ?)

 <その他>

・ATKのクラス補正は100%

・スター吸収率は100%

 

【防御面】

バーサーカーに対して

 受けるダメージ1.5倍(他と同じ)

バーサーカー以外の全てのクラスに対して

 受けるダメージ1.0倍

 

このような感じになっています。

何故か今回のイベントラスボスに対しては攻撃有利がとれるみたいですね。

 

 

《データの出典》

www9.atwiki.jp

***

 

 

 

【ステータス比較】

・メルトリリス:HP 13402 ATK 11692(地 / 分)

・ 天草四郎 :HP 14107 ATK 10972(人 / 裁)

・ 巌窟王  :HP 12177 ATK 12641(人 / 讐)

 

※カッコ内は(天地人 / クラス)

***

 

★5エクストラクラスで比較してみました。

 

ルーラー、アヴェンジャーともに、

ATKのクラス補正は110%

対してアルターエゴは100%であるため、

実は天草四郎の方が実質ATKは高いのですが…

(ATK実数値:12069)

 

クラス相性についてはバーサーカーに近い為、

そちらと比べる方がいいのかも…と思い、参考値

 

・メルトリリス:HP 13402 ATK 11692(再掲)

・  源頼光 :HP 13500 ATK 11556

・ ヴラド3世:HP 13770 ATK 11499

 

耐久寄りバーサーカーと比べると、

ステータスがよく似ていることが分かります。

 

しかしバーサーカーもATK補正は110%である為、

彼らと同じ感覚で使った場合

アルターエゴは火力不足な印象を受けるでしょう。

(あくまで体感の話ですが、私自身そう感じます)

***

 

 

 

【カード性能】

Buster:2枚 1hit

  Arts  :1枚 2hit

Quick :2枚 4hit

  EX    :      6hit

宝具:Quick 8hit(単体)

NP効率: N/A = 0.92

被弾NP効率:N/D = 4.00

 

***

 

魔法の言葉「アーツ1枚2ヒット・多段クイックEX」

要するに、NP効率は良好な部類です。

但し、良好とは言っても1.0に満たないため、

クリティカルを活かしたNP溜め等でないとやや辛い面もあります。

 

とはいえ、スキルも込で星出しは得意な部類。

自分で出した星でクリティカルを絡めて

一気にNPを溜めることを得意としています。

 

宝具は単体攻撃の8ヒット。

嫁王などでNP効率を補強すれば、

宝具発動後のバフを活かした連射も可能…かもしれません。

 

総じて、カード性能から既に自己完結した、

正しく「ハイ・サーヴァント」といった高いバランスで纏まっています。

***

 

 

 

【クラススキル】

・対魔力 B(自身の弱体耐性 +17.5%)

・騎乗 B(自身のQuick性能 +8%)

・単独行動 A(自身のクリティカル威力 +10%)

・女神の神核 B(弱体耐性 +22.5% 与ダメ+225)

・ハイ・サーヴァント A(効果なし)

 

***

 

いくらなんでもパッシブ盛りすぎじゃろ…

 

パッシブスキルの効果は薄いとはいえ、

ここまで盛られるとそれなりに機能してきます。

特に、単独行動と騎乗の両立については非常に強力ですね。

 

また、イシュタルやケツァルコアトル同様、

対魔力+女神の神核で高い弱体耐性を誇ります。

 

珍しくパッシブスキルが機能しているキャラ、と言えますね。

***

 

 

 

         サラスヴァティー・メルトアウト

【宝具】《 弁財天五弦琵琶 》(Quick)

・敵単体に超強力な攻撃(Lvで威力倍率増加:1200~2000%)

・敵単体の強化状態を解除

・自身のQuickカード性能をアップ(3T)(OCで効果アップ:10~30%)

 

※宝具強化未実装

 

***

言わずと知れた強力な宝具カテゴリ「単体Q宝具」

中でも彼女のものは、ダメージ発生後の判定とはいえ

・強化解除

・自身へのQuickバフ

が発動するため、多方面での活躍が見込めます。

 

個人的には、「Quick版ルールブレイカー」

に近い使用感かな?とも感じます。

まぁ、あそこまで連射が効くわけではないのですが…

 

***

 

 

 

保有スキル】

①クライム・バレエ A(CT7→5)

・自身に回避状態を付与(2回・3T)

・スターを獲得

 Lv 1:5個 → Lv 10:15個

 

②加虐体質 A(CT7→5)

・自身の攻撃力をアップ(3T)

 Lv 1:10% → Lv 10:30%

・自身の防御力をダウン(3T)【デメリット】

 10%(固定)

 

③メルトウイルス EX(CT8→6)

・敵全体の宝具威力をダウン(1T)

 Lv 1:20 % → Lv 10:50 %

自身を除く味方全体の宝具威力をダウン(1T)【デメリット】

 50 %(固定)

・「1ターン後に自身の宝具威力をアップする状態」を付与

  20%(固定)

 

***

強力なスキルを3種類持つ代わりに、

いずれのスキルにもそれなりのクセがあります。

 

 

スキル①は回避+スター獲得という強力なスキル。

回転率も短CT5と、回避スキルとしては破格です。

 

ただし、この回避効果には特徴があり

・クー・フーリン〔オルタ〕と同じ「2”回”」回避

・ただし、クー・フーリンと違い「3”ターン”で消える」

ということです。

この弱点をCTの短さで補うため、

スター獲得量の都合もあってスキルマ推奨スキルです。

 

逆にスター獲得スキルとして見た場合、単純に

「《直感A》に2回の回避つき」

という、非常に強力なスキルとも見ることができます。

 

 

スキル②は、カリギュラと同じATKバフスキル

最大値30%、5T回転ということで性能自体は

非常にベーシックであると言えます。

 

反面、デメリットとして10%の防御力でバフがかかります。

カリギュラと違い、バーサーカー以外は等倍で受けられるため

気にならないように感じるかもしれませんが、

クリティカル等は10%でも大きく響いてきます。

相手によっては運用に注意が必要となるでしょう。

 

とはいえ、スキル①の回避に合わせて使うことで

ある程度デメリットを誤魔化せるのは彼女の強みでもありますね。

 

 

スキル③は全体宝具デバフ+1ターン後に宝具威力を上げる、というもの。

・敵全体に

・最大50%の宝具威力デバフ

ということで、はっきり言ってジャンヌ泣かせのスキルです。

最短6ターンで回せる子ギルナイチンゲール宝具デバフ

といったところで、敢えて言うまでもなく非常に強力なスキルです。

 

反面いくつかデメリット、弱点があります。

 

一つ目のデメリットは、発動ターンは味方の宝具威力もダウンする点。

これはスキルレベルに依らず50%もダウンするため、

使用タイミングには要注意です。

ただ、どうにも《対魔力》等で普通に防げるらしく、

運がいいとデメリットも無かったことになってくれます。

 

二つ目のデメリット、というか弱点は、

自身の宝具バフは1ターン遅れて発動する

という点です。

イシュタル《魔力放出(宝石)》のようなものですが、

効果の都合上「使い忘れ」はなかなか起きにくいようにも感じます。

しかし、問題はそこではありません。

私が想定している事態は

天草四郎等と対峙する場面です。

 

防御バフを剥がしたうえでダメージを入れに来る天草君ですが、

それを防ぐ手段として、このスキルの使用が想定されます。

しかしこの場合、「1ターン後に宝具威力アップ」

という効果も無効化されてしまうため、

宝具のやスキルの発動タイミングを見誤ると

負け筋につながる可能性がある…かもしれません。

 

そもそも天草相手に連れて行くことはないかもしれませんが、

類似の敵が出てきた場合は要注意ですね。

 

とはいえ、バフは20%と控えめな為

極端に騒ぐほどのものでもないかもしれません。

「デメリットのことも頭の片隅に入れておいて頂ければ…」

程度に考えています。

 

 

 

【総括】

コラボイベントにて、新たなクラスを引っ提げて登場した

非常に高性能な、正しくハイ・サーヴァントと呼ぶべき存在。

しかし、火力は若干物足りなく感じるかもしれません。

そして履いてない

 

カード性能、スキル等、その全てが自己完結しており、

1人で多くの役割をこなしたり、

或いは単騎戦闘をこなしたりと、

活躍の幅は非常に広いキャラと言えます。

そして可愛い

 

パーティのメインアタッカーに据えてもよし、

サブアタッカーとしてスターを供給してもよし、

応用の幅は今後も広がっていくでしょう。

そして尊い

 

 

*****

如何だったでしょうか。

 

はっきり言って、メルトリリスはめっちゃ強いと思います。

 

でも、まだ持ってません

 

なので、書いたら出て欲しいなぁ、と思うところであります。

 

何より、イベント本編をクリアしてしまうと……

回さずにはいられないでしょう?

 

というわけで、今回の考察は以上になります。

 

 

*****

さて、余談ですが、先日こんな遊びをしてきました。

(以降、本編のネタバレを一部含みます)

 

 

こんな感じで。

KPを一切使わず、もっと言うと

孔明ギルガメッシュ(★5)無しでもクリアできるんですね。

 

次回はこの辺の攻略解説の記事を書いたり、

動画化も目指してみようと思います。

 

 

 

それでは今回はこの辺で。

ごきげんよう